「暁の喪女」はあがき倒す。

30代後半喪女があがき倒しながら今日も生きている記録。

「暁の喪女」は、めずらしく上司さんに褒められた。

「暁の喪女」は、めずらしく上司さんに褒められた。
いやいや休日出勤した今日だけど、思いもかけないいい話を聞けたんだ!(*^○^*)

 

仕事の関係で、休みだけど出勤した今日。
がらんとしたオフィス、私の部は私と部長しかいなくて。
何となくお茶飲みながら休憩していた時、世間話になった。
二人しかいなかったから、部長も口が緩んだんだと思う。

 

どうやら、転勤は近いらしい…
その前段階として、4月から少し忙しくなりそうだ。
別の支社(仕事はここよりずっとハードだけど、結構華々しくてみんなからうらやましがられてる)から、私にこっちに来てほしいという依頼が来ているとのこと。
けれど今すぐだとここが困るので猶予を希望している。
だから、転勤の前に、若手を鍛え上げておいてほしいと言われた。
とりあえず4月から中規模のプロジェクトをやりつつ、若手層の教育に当たってほしい、と。
「それは光栄ですが、私みたいな変人でいいんですか」と部長に聞いたら、
「○○さん(私の本名)が若手のために心を砕いてくれてることは皆知っているし、一番信頼されてるから」と言われた。

 

(*^○^*)

 


(*^○^*)

 


(*;◯;*)

 


やめろよ
泣いちゃうだろ…!

 


今日はそんなわけで、4月からの仕事の大きな変化についてあらかじめ知れた。
そうか…
後1,2年したら、転勤か。
転勤先で新しい出会いがあるだろうか。
私のことを好きになってくれる素敵な男の人がいたらいいな…(n*´ω`*)

 


「暁の喪女」は、めずらしく上司さんに褒められた。
うまく乗せられただけ、とも言えるかもしれないけど、私は私なりに頑張りたい。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング