「暁の喪女」はあがき倒す。

30代後半喪女があがき倒しながら今日も生きている記録。

「暁の喪女」は、一つの大仕事をやっと終えた。

「暁の喪女」は、一つの大仕事をやっと終えた。

自分がリーダーになって回してきたプロジェクトが、ようやく昨日終わったのである。

 

そのプロジェクトが始まったのは、1年半ほど前だ。

本来は私がリーダーではなかったのだが、上司に言われてリーダー交代したのである。

作業量が滅茶苦茶多いのと、直前はかなり忙しくなることがわかっていたので、

少しずつ準備を進めて行ったり、計画的に物事を進めようと努力していた…

が、直前1か月ちょっとの間は、まさに「忙殺」されていた。

残業残業、休日出勤休日出勤。

そのプロジェクトの仕事のせいで、通常業務も滞りまくり。

ストレスもたまるし、「失敗したらどうしよう?」ってなって、

直前1週間はもうメンタル状態がヤバかった。

 

けれど。

昨日、ようやく、それが終わった。

周りのみんなもほめてくれて、そしたら感情がこらえきれなくなって、少し泣いてしまった。

で、終電もなくなって、少し飲んで、今日は午前様で帰ってきたのである。

 

相当に疲弊した。

失恋で精神状態がさらに荒廃するわ、膀胱炎になって血尿出るわ、フィジカルもメンタルもここ数年で最悪レベルに落ち込んだ。

 

けれども、私は逃げなかった。

最後まで、やり遂げたんだ。

 

だから、そのぶんだけ、これは私の自信になった。

私は、1年半以上にもわたるプロジェクトを、回し切ったのだ。

 

「暁の喪女」は、一つの大仕事をやっと終えた。

いまはただ、心地いい虚脱感だけを感じている。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング