「暁の喪女」はあがき倒す。

30代後半喪女があがき倒しながら今日も生きている記録。

「暁の喪女」は、体力に自信がない。

「暁の喪女」は、体力に自信がない。

か弱いというより、単純に虚弱である。

 

体力のなさには自信がある。

こういう言い方をするのもどうかと思うが、本当にそうである。

特に、「太陽の光」にめちゃくちゃ弱い。

この間、外回りをどうしてもせざるを得ず、1日中外にいていろいろ動き回ったのだが、

案の定、次の日倦怠感と微熱に悩まされた。

ここ一番の踏ん張りがきかないどころか、ふっらふらである。

女一匹、頼れるものは自分しかいないのだから、

しっかり自己管理するんだ!

体力をつけるんだ!(*`◯´*)

と思って、栄養などには気を付けているのだが…

それでもまだ仕事をしている間はマシだ。

気が張っているから、何とかしゃきしゃき動ける。

問題は、業務終了後…

家に帰ったら、<●><●>状態で、瞳孔開いたまま

パソコンの前に座り込んで意識を半ば飛ばしていた…みたいなことが結構ある。

なんとか体力をつけるべく、まずはラジオ体操から始めていかねば…とおもっている。

 

「暁の喪女」は、体力に自信がない。

倒れたとしても私を抱き上げてくれる男性はいないわけで、

ひとりでも強く生きていけるようにしたいものである。

 

<●><●>< クワッ!!

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング