「暁の喪女」はあがき倒す。

30代後半喪女があがき倒しながら今日も生きている記録。

「暁の喪女」は夜型である。

「暁の喪女」は夜型である。

こんなハンドルネームにしているくせに、夜型である。

朝にはめっぽう弱い。

最早、朝方の私は、脳髄まで腐りきったゾンビである。

あまりに寝起きがひどかったため、パジャマのボタンがうまく外せずキレて引きちぎってしまった日から、パジャマとかいう衣服を着なくなってしまった。

ダボダボのTシャツを着て寝ている。色気もクソもない。

 

そのくせ、私は朝方に憧れている。

よく意識高い系のサイトにあるような、「早起きして自己実現☆彡」みたいな特集が大好きでめっちゃ読みふけってしまうし、

日経WOMAN(毎号買ってる)の朝方特集は何度も何度も読み返す。

 

でも、ダメなのである。

哀しいかな、いろいろ工夫をしても、ベッドからのたうつようにして転がり出、トイレに這いずっていくその様、まことゾンビである。

残念だが、来世はナメクジかカタツムリであろう…このざまじゃ。

 

「暁の喪女」は夜型である。

朝のひかりを浴びて苦悶する、まさに喪女らしい死にざまだ。