「暁の喪女」はあがき倒す。

30代後半喪女があがき倒しながら今日も生きている記録。

喪女が書く、喪女ドラマ「猪又進と8人の喪女」の感想2

喪女が書く、喪女ドラマ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」の感想第2話目


「天真爛漫イケイケ女子であるアカリ」
えぇ~自分の世界以外にいる人間を珍獣扱いするのは「天真爛漫」じゃねえよ~辞書引けよ~wwwww
というわけで第2話の感想です。

 

この第2話で、「イノマタは前任の担当作家を怒らせて部署を飛ばされた」ということが判明。
はーん、なんやお前が仕事できへんダメ男かい!
で、「アカリ先生は僕の言うことやったら何でも聞く」とかほざくわけです。
仕事相手に何でそんな失礼になれるの?ああそういうメンタリティだからですね飛ばされるの。
で、実情はアカリの小間使いをやっているというわけで。哀れな感じで笑えないのですが…

 

西口リサーチという会社にどうやら喪女のあっせんを頼んでいたらしい。で、紹介された喪女に会いにヴィレッジバンガードに行った二人。
ふくよかな女性店員を見て彼女を喪女と勘違い。
イノマタ「彼女がハイバラユリさん 喪女っす」
アカリ「見るからにだね」
だが、彼女ではなく、その同僚のベレー帽女性がハイバラだった!
イノマタ「ふつーにかわいいっすね」

 

ここで指摘しておかないといけないのが、「容姿が恵まれていない=喪女」と二人が決めつけていることです。
で、ハイバラさんはすげえヴィレバンにありそうな(やりすぎの)ポップを書くのだが…
アカリ「…きっしょ」
イノマタ「喪女や」


さあ、ここに至りまして、さらに「喪女」の誤った定義に「キモい」を加えやがりました。
だから喪女の定義は「恋愛経験がない女性」であって「印象」は定義にはねえの!
それをやりだすと本当に差別的行動になるだろうが!

 

『蹴りたいピアス』あ、はい、『蹴りたい背中』と『蛇にピアス』ですか…
アカリさんの小説のタイトル、聞いたことありますわwwww
で、ハイバラさんは、有名文化人とのつながりを出してやたらマウントとりたがるひとでしたwwww
これはこれでウザいなwwwww
彼女が作っているとして胸を張ったのは、「お店のPOP」
まあ、これを「芸術作品」とするのは意見が分かれるところだが…
案の定「だっさ!これのどこが創作なの?」
で、ハイバラに「アカリさんって『そっち側』のクリエイターさんなんですね」とディスられる。
アカリ「…こいつ、殺していい?」
キレやすくないこの人???
作家の割に芸術論振られて、それに対しては反論しないで「殺したる!」かよ…
場末のヤンキーかよ…
せめて「若い女だろうが、今売れてる私の方が正義なんだよ!」くらい言ってほしかった。

 

で、その後。イノマタは言う。
イノマタ「あんな喪女もいるんすね」
え、喪女って「今まで恋愛経験がない女」のことですよ?
それなのに、勝手に類型となる性格を決めつけていたみたいだよ?この下調べも自分でろくにしない「編集者」は。
リサーチ会社に放らず自分でも調べたらわかるやろ。
な、脚本家の人?

 

ところが、アカリが帯を頼まれていたコウダサトシの本をハイバラが見つけ、大ファンであることが判明。
喰いつくハイバラ。
で、そのコウダの正体をイノマタと「わざと勘違いさせる」アカリ。
…あの、イタズラにも度を越してるし、ひどくない?
ハイバラにも、イノマタにも、コウダサトシにも失礼。
これを「天真爛漫」というのか?ただの人をおもちゃにするいじめっ子やん。

 

で、(コウダと思いこんだ)イノマタとデートするハイバラ。
しかし芸風が違うので、苦労するイノマタ…
なんかさあ、『編集王』のカンパチとか『重版出来!』の心ちゃんとか想い出してさ、情けなくなったわ。
作家の言いなりに取材対象を傷つける編集者かあ…
追いアスパラ喰って反省しろよ。

 

しかしハイバラはコウダと信じて心酔しきってるから、何をイノマタが言ってもうれしそうで。
けどそんな彼女を前にイノマタは心の声で
「むっかつくわ~…もはやコウダごとむかついてきたわ!」
これ、聞き違いじゃないかと思って3回聞いたけど、このセリフつまり「ハイバラ」がむかつく、って言ってるんですよね
えぇ…大ファンの作家を前に浮かれてる人間にそういうことを…
嫌味のつもりで「センスのカタマリ」と言ったら大喜びされて。
泣きそうになる。

 

だが、そこにモノホンのコウダサトシ!そしてアカリが見ていたのもバレた!
混乱したものの、コウダにファンレターの礼を言われ大喜びのハイバラ。
けどコウダはハイバラのそのファンレターにつけられていたポエムを「痛い」と笑いものにする。
そこもばっちりハイバラに見られるわけやね。

 

こころのそこから傷ついて、そこから逃げ出そうとしてウェイトパーソンとぶつかってしまう。
せっかく大ファンの作家に会うために着替えてきた白いワンピースが、赤ワインで汚れる。
折れてしまったハイバラはその場にくずおれて泣きじゃくる。

 

アカリ「コウダさん。あの人、確かに痛い。めっちゃ痛いしめっちゃ嫌い。

でも、私たちは作家で、作家はそれを読んでくれる人がいるから本を書けます。

私は、自分のファンが書いてくれた言葉を絶対そんな風には言わない」


最初の方に書いたけど、アカリ先生は「自分の世界」を大事にする人なんですね。
だから、自分のファンは大事にするみたい。
その世界「以外」の人なら、同じ人間扱いしないみたいだけどな!!!クソだよ!!!
アカリ「帰れェ!」
いや、お前が帰れよ。お前が来てんなよ…

 

意気消沈するハイバラ。
ハイバラ「私と一緒にいないほうがいいですよ、私は痛い女なので」
さすがのクズイノマタも気を遣う…
いやお前散々内心で罵ってたやん…
ハイバラ「なんか、今まで無理してたのかなって思います」
「好きになる人が、イノマタさんみたいな人だったら楽しいんだろうな…」
で、告白妄想。あっ、POP書くんですね…
ハイバラさんがかわいい感じの人なので、前回みたいな葛藤はないんですねwwwwwwwwww
しかしPOPで「ムリ」だと断られるwwwwwww
この一日で好きになった、って嘘やんwwwwwww顔しか見てへんやんOKするのにwwwwwww
だからダメなんだよ!センスも悪いし仕方ないよ!

 

一番ダメだったのは、やっぱりアカリ先生だね。
特にコウダとハイバラのやり取りで相当バツの悪い様子をしていながら、ハイバラに謝ったシーンはない。
コウダは少なくともハイバラが目の前にいた時は「新刊をあげ、ファンレターの礼を言い、握手した」
作家として最高のファンサービスをしたわけだ。
もちろん本音を言って傷つけたのもコウダだが、人をだまして観察してニヤニヤ笑っていたアカリが断罪できるようなまともな人格か?
少なくともファンは大事にするらしいが、「そうでない」人間なら弄んで嘲笑っていいと思ってるアカリ先生は、人間としてはクズでしょう。
詫びもしないならなおさらだ。

 

どうやらアカリの家族(「君の父さん」かな?聞き取れなかった)がそのうち関連してくるのかな。

 

というわけで、現段階でも「『喪女』というジャンルを散々コケにして踏み躙ってそれを笑っているヒロインとその手先となって女性を傷つける主人公」というドラマですね
喪女への差別がより一層深まりそうですね!
そんじゃ今回はここまで!本当イノマタもアカリもクズやわ(*`◯´*)!

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング

「暁の喪女」はストレス解消のためのホテルステイに行ってきた。

「暁の喪女」はストレス解消のためのホテルステイに行ってきた。

なんか最近閉塞感がすごかったから…

 

今回は新梅田シティにあるウェスティン大阪!

ちょっと多めにお金出して、クラブラウンジのついてる部屋にした

最上階だから景色がいい!

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191104100305j:plain

 

で、クラブラウンジってのはまあだらだらできるドリンク飲み放題の喫茶店みたいなところなんだけど、

そこでシャンパン飲みながら延々考え事してました

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191104100349j:plain

 

おデザートもらったり(*^○^*)

 

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191104100407j:plain

 

夜まで飲んだら

 

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191104100420j:plain

 

メインバーにも行ってさらに飲んで

 

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191104100434j:plain

 

でかい部屋のでかいベッドで寝ました

 

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191104100459j:plain

 

3連休で混んでたからレイトチェックアウトできなかったの残念!

でも快適なホテルステイでした

 

「暁の喪女」はストレス解消のためのホテルステイに行ってきた。

今度はリッツカールトンに泊まりたいんだ(*^○^*)

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング

喪女が書く、喪女ドラマ「猪又進と8人の喪女」の感想1

喪女が書く、喪女ドラマ「猪又進と8人の喪女」の感想1:
「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」というドラマがこないだから始まった。タイトルからして不穏だ。

https://ktv.jp/mojo/

芸人さんが脚本を書いた、コメディドラマのようだ。

 

ストーリーのさわりを読んでいきなり不安になった。
以下サイトより:
「西大阪出版に勤める猪又進(森田哲矢)は、処女作が大ヒットし人気急上昇中の若手女流作家・アカリ(岡崎紗絵)の編集担当を任されることに。一度も彼氏ができたことがない、男性を苦手とする女性を意味する「喪女(もじょ)」をテーマに連載に取り組むことになった。」


つまり、主人公も、ヒロインも、「喪女」当人ではない。
彼らにとって、「喪女」とは、「観察対象(取材対象)」なのだ。
この時点でこのドラマは私にとって辛い。


案の定、二人が今回の取材対象・クロキに対して見せた態度は無礼と無配慮と決めつけに満ちている。
最後にいい話風にしようとしたとしても、カバーできないレベルで。


アカリ先生は水たばことかたしなんじゃうなかなか面白いおねいさんだけど、じゃあ喪女に対してどう見てるかって言うと
「私からしたらリアリティゼロじゃん」と言い切る。すなわち、「リアリティ」がない、彼女の世界の中では社会に生きている人間として捉えられていない。無邪気で残酷だ。
そして、今回の喪女・クロキを見るなり大声で「うわっめっちゃ地味!」
この人は普通に残酷だなあと思いました。
「へえー、これが喪女か」にその残酷さが前面に出ている。動物園の檻の中の動物を見ているイメージ。
つまり、同じ女性ではあるにもかかわらず、「そういう」扱いをしている。


イノマタもクロキを「どんぴしゃで喪女っすわ」と取材対象に選んでいる。

冒頭廊下でぶつかった彼女を「いつみても地味」と言うだけで、「地味」以外のクロキのパーソナリティ何一つ知りはしないようだ。
つまりは「喪女=地味」と決めつけ切っている。喪女の定義には「印象」はないにもかかわらず。


クロキは卑屈にも卑屈が重なる超ネガティブな女性だが、(コメディなので)とても生きづらそうな反応をしている。
ボウリング場で、けれど、彼女はとても楽しそうだ。
まあ、ハイタッチで卒倒するってなると、そりゃ誇張もものっそいけどさ。

 

で、イノマタは、彼女に「すみません」じゃなくて「ありがとう」
「私なんか」じゃなくて「私だって」と言え、と「ありがたい説教」をくださる。
いやあありがたいなあ!
ここで贖罪のつもりかな?そういうネガってるところを面白がって取材対象にしたくせに!


まあそのあと少し勇気を出したクロキがちょっとかわいく見えたイノマタ。
「この角度ならイケる!」とかクッソゲスいこと抜かしてやがったけどな!
「キス顔はさすがにきついなあ~!」ってひどない?
ま、どっちにしても、お願いして頼んだ取材相手に見せるプロの態度ではないね。

 

で、むごい流れはまだ続く。若者連中が通りがかる。
「あの女見て~!」「ははっ、おっさんこんな女タイプなの?」
「おじさんもブスやし、二人お似合いちゃう?」「そんな顔でよくこんなところ来れたよな!」
けれど、嘲笑う連中に、クロキさんは勇気を出す。

「私だって、デートくらいしたっていいでしょ!」
で、勇気出した黒木さんをヌンチャク扱いして、それで若者を(振りでなく、マジで)殴り飛ばすイノマタ。
なんでそうしようと思った?南斗聖拳108派にそんなんあった?
その後、顔に打ち身だらけになった彼女にイノマタがなんていったと思う?


「…えぐ~」


おいこのドラマ子どもに見せんな、結局「ブスには暴言吐いても暴力ふるってもいい」ってメッセージ送っとるやん。
これ世の中のルッキズムにそのまま乗ってるだけじゃなく、さらに「だから容姿の弱者・ブスブサイクは虐げてもいい」って見せてんだぞ
よくこれ公共電波に乗せたな!

 

しかし、喪女の取材だったと知って、クロキは激昂。
イノマタを「私だってプライドあるんです!」と言って、イノマタを殴り飛ばす。

そして、アカリ先生の小説の最後。
「ネガティブ喪女は触れるとヤバい」
はい、
結局、「血の通った、同じ女性」として見ているふしはない。

何故なら、ここに「何故クロキが怒ったか」ということに思いをはせたふしがないからだ。

自分をまるで動物園の変わったイキモノのような「見世物」のような珍獣扱いして、「人間」扱いしなかったことにクロキは怒っているのに。

 

えーっと、この話、いちおう「コメディ」なんですよね?
え、何?
怖がりで億秒で社会生活を普通に送るのも苦しそうなほどにネガティブな彼女を見て、「笑え」って?
痛々しいわ!


私はこのドラマを見続けようと思っているのは、「これは喪女…つまり恋愛的に報われていない人間を嘲笑う『だけ』のドラマなのか」ということを確かめたいから。
今のところは、「差別を拡げる『だけ』のドラマ」です。
恋愛至上主義にのれなかったひとは叩いてもつぶしても嘲笑ってもいい、って言う…


だけど予言するよ
そのうちアカリ先生自身が喪女だったって展開にもっていくんじゃないかなって私は思ってる
で、無理矢理感動的な方向にもっていくぜ
けれどもたとえば今回散々バカにしたクロキさんは、その侮辱に対して報われないんだぜ。
相手をちゃんと「人」として扱えよな、クソども。


てなわけで今回の「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」の、喪女が書く感想おわり
また次回もお楽しみに!
子どもには見せんなよ!(*˘◯˘*)

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング

「暁の喪女」は、骨格診断も受けてきた。

「暁の喪女」は、骨格診断も受けてきた。

体型で似合う服を判断するというものなのだ。

 

今回はパーソナルカラーと合わせての診断!

パーソナルカラーはやはりサマータイプとなった。

確実に顔色が変わって見えるのはやっぱりすごいよな…

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191028203909j:plain

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191028203915j:plain

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191028203920j:plain

 

布の色見本帳も買いました(*^○^*)

さらに、それに加えて骨格診断。

ストレート・ウェーブ・ナチュラルの三パターンだが、

私はストレートだった。

だから、うかつな服の選び方をすると「ガタイがいい」みたいになるらしい

今までの人生を想い、納得する私(*˘◯˘*)

 

学んだことのメモ:

・メイクもなるべく服と合わせたほうがいいが、サマータイプ系の色ならそうでなくても大丈夫

・オレンジは鬼門

・骨格がストレートなので、肩がすとんと落ちるフォルムとか、袖がふんわりしているとかは筋肉を強調するので、長袖か半袖がよい

・かっちりしたジャケットやシャツやパンツがよい、スカートなどもIラインを意識して

・花柄などは小さい柄よりは大柄の方がよい

・アクセサリーはシルバー系、シンプルなモノ

・パンツはセンタープレスが入っているとよい

・ニットはローゲージ系は避けろ

・一番いい感じの色は「ウィスタリアミスト」

 

いろいろと「なぜこの服のここはだめなのか?」という詳しいところまで教えてもらってとても勉強になった(*^○^*)

 

「暁の喪女」は、骨格診断も受けてきた。

手持ちの洋服がけっこう駄目だとなり、ちょっとくらくらしているのである。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング

「暁の喪女」は、有料アプリも使ってみることにした。

「暁の喪女」は、有料アプリも使ってみることにした。

せっかくなので、料理の記録をもっと細かくつけるのだ。

 

「あすけん」というアプリを入れてみることにした。

おもしろいのが、料理の写真を撮ると、

それっぽい料理を検索してくれること!

画像認識技術すごいんだ(*^○^*)

運動も記録できるし、とってもベネ!

 

f:id:Akatsuki-no-Mojo:20191020203023j:plain

 

しかし、摂取カロリーはだいぶ目標値より低め…

別に食べる量を普段よりどうこうはしてないので、

なんでこれで痩せないんだか、ほんと不思議である。

 

「暁の喪女」は、有料アプリも使ってみることにした。

思い切って1年サブスクリプションにしたから、毎日使わないともったいないのである。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング

「暁の喪女」は、小休止することにした。

 「暁の喪女」は、小休止することにした。
マッチングアプリ、おやすみすることにした。
 
結果もあんまりよくないし、一休みである。
 

今日、仕事に隙間ができて、
無駄に職場にいたくなかったので早引けしてきた。
で、地元に戻って、
茶店でカフェオレ飲みながらぼーっとしてたら、ふとそう思えた。

 

写真屋さんでいい写真撮ろう!と思ってて、
それはもう予約しちゃったから撮るけど…
なんか、やる気なくなっちゃった。
スマートフォンの小さい画面見てメッセージやいいねきてるかに固執して、疲れちゃったよ(*´◯`*)

 

少なくとも、今年中は相手探しはもうやめよう。

 

私はあの失恋以来、メンタルがやたら弱くなってしまってる。
活動量はそれ以前と変わってないから鬱病とかではない。

だいたいこんな活動的な鬱病がいるかwwwwwwwww

 

もうあの人はどうでもいいし特に関わりたくないけど、
痛手から復活したと思ってたけど、
私は自信を失ってしまってたんだろうきっと。

だから、自分に自信を取り戻すために、この3ヶ月を使おう。

自分磨きのために、この時間を使おう。

 

で、元気になったら、また来年の1月、相手探しを始めよう。

 
「暁の喪女」は、小休止することにした。
この3か月で、元の自分に戻ろう。
 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング

「暁の喪女」は、ルーティンを組んで要領よく生きていきたい。

「暁の喪女」は、ルーティンを組んで要領よく生きていきたい。

毎日毎日、やることが多すぎるのだ。

 

やるべきことを要領よくやってうまく流していきたいものである。

日々の暮らしをもっと効率的にするために。

特に、美容系のルーティンや家事のルーティン…

例えば、こないだ組んだ寝る前の理想的なルーティーンはこうである:

 

風呂/シャワー→

髪をタオルでくるみプライマー+シートマスク+全身にハトムギ化粧水→

その状態で10分リンパマッサージ+爪の処理→

化粧水美容液クリーム+髪を乾かしてオイル→

BCAA飲みながら休憩→

11時にサプリ飲み+手帳で明日の予定確認+明日の服の用意→

シダキュア服薬→

ベッドで足上げ→

寝る

 

習慣、癖づいてしまえば、考えずにサクサクできるので継続できるだろう。

そういうので日常を埋めていって、必要なことをこなしながら

大事なことに神経を使えるようにしていきたいものである。

 

「暁の喪女」は、ルーティンを組んで要領よく生きていきたい。

けど、酒飲んだらすべて破綻しますハハハ(*^○^*)

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村
喪女日記ランキング